悲しいお別れ
2009/03/19(Thu)
しばらく更新をサボってしまいました

実家の母の目も順調に回復に向かい、やっと心に春の訪れを感じ始めた最中、
以前このブログにも登場したことのある実家の母が可愛がっていた相棒のおばあちゃんネコが
先程息を引き取ったと連絡がありました。

20年近く母の傍らで一緒の時間を過ごし、支えてくれていたモモちゃん。
昼間一人でいることが多い母にとって、最高の話し相手で、お昼寝友達だったのに・・・
母の精神的ショックは計り知れません。

今週の火曜日、眼科の健診へ付き添った帰りに実家へ寄ったときは元気だったのに。
あまりに突然の悲報に脱力感で呆然としています。
お別れに行きたいけれど、悲しみに耐えている母の前で涙を見せたくないので
家でひっそりモモちゃんの冥福を祈ることにしました。

「モモちゃん、母のもとに来て今まで皆に幸せを与えてくれてありがとう!ゆっくり休んでね。」

家族みんなに可愛がられ、20年近くの大往生!
たいして苦しまずに、母とたまたま休みで家にいた弟に看取られたモモちゃんは幸せ者ですね。
いつかは辛いお別れの日が来るとわかっていても、欲を言えば母がいつまでも元気でいられるように
もっともっと長生きしてほしかったです。


ほんとは違う話で更新する予定でしたが、また落ち着いてからにさせていただきますね。
久々の更新で、重苦しい話になってしまいました、、、すみません。

CIMG3853.jpg
↑ 今月のドライフラワーのレッスンで作ったホワイトウッドボックスのアレンジです♪



プリフラ*アレンジのお店 Prism♪ オープンしました
 ↑ と 右上、ピンクのガーベラのバナーが入口です。ご来店お待ちしております!!


☆プリザーブドフラワーアレンジメントのオーダー承ります☆
お色や大きさ・ご予算等、左のメールフォームからも御気軽にご相談ください。


ご訪問ありがとうございます♪ 最後までお付き合いくださり嬉しいです☆ 

人気ブログランキングへ
↑↓応援のクリックよろしくお願いしますm(_  _)m


スポンサーサイト
この記事のURL | ひとり話 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<四季咲き桜?? | メイン | 馬子にも衣装♪&手作りかんざし?>>
コメント
-  -
うちも15年生きてきた実家の犬が亡くなったとき、
私もemikoさんとまったくまったく同じ思いでした。
亡くなったことへの悲しみはもちろんなんですが、
両親がガクっと気落ちしていることへの心配の方が大きいのと、
そんな両親の前で私まで泣いてはいけない…という気持ちで私もやはり
すぐお別れの対面をするのは避けました。
モモちゃんはお母様に愛されてとっても幸せな20年だったんですね。

うちのわんこが亡くなったとき、かもねぎさんから
(写真展のときにemikoさんと同じ時間にいらっしゃった方です)
とっても素敵な虹の橋の詩というのを教えていただきました。
この詩で私はかなり元気づけられたんです。
モモちゃんもきっと虹の橋にいて楽しく過ごしながらお母様をいつまでも
見守っていてくれてますよ…
emikoさんとお母様にも、虹の橋の詩をお届けいたしますね。
http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html

モモちゃんのご冥福をお祈りするとともに、お母様の
お悲しみが少しでも癒されますようにお祈りしています。
2009/03/21 11:51  | URL | hanamoyo #X3RRtxH6[ 編集]
- hanamoyoさんへ -
いつも励ましのお言葉ありがとうございます。
hanamoyoさんもご実家のワンちゃんが亡くなったとき同じお気持ちだったんですね。
いつもそばにいて、話しかけると「にゃ~」と返事をしてくれる愛猫がいなくなり、
世話をする相手もなくなってしまった母が、喪失感で一気に年をとってしまいそうで心配です。
何か夢中になれるものができると良いのですが。

「虹の橋」読ませていただきました。
一つ一つの言葉に共感し胸に響いて、同時に今まで悲しいお別れをしてきたペット達が次々に浮かび涙が溢れてきました。
モモちゃんも虹の橋のたもとで、楽しく遊んでくれているんですね!
母にもプリントアウトして渡そうと思います。
素敵な詩を教えていただきありがとうございました。
2009/03/23 13:33  | URL | emiko #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://brayvillage.blog102.fc2.com/tb.php/226-f62afa00

| メイン |